未分類

即効性があるレビトラの効果と副作用は?

多様なカプセルと葉

レビトラはED治療薬の1つです。薄いオレンジ色で、丸い錠剤の薬です。

有効成分バルデナフィルには、PDE-5という酵素の働きを抑制し、勃起をサポートする効果があります。

服用するだけで、男性にとって大きなコンプレックスとなるEDを解消できるとして人気の医薬品です。

レビトラの効果

レビトラは即効性の高いED治療薬ともいわれており、服用してから約20分で効果が現れ始めます。

効果が最大になるまでにかかる時間は、40分から50分程度です。そのため性交渉を行う約30分前に服用しておくのがベストです。

レビトラには10mg錠20mg錠の2種類があり、持続時間がそれぞれ異なります。

10mgの場合は服用してから約5時間から6時間、20mgで約8時間から10時間に渡り効果が続きます。

即効性があるというだけでなく、持続性も高いという点も、レビトラが選ばれている理由の1つです。

レビトラの飲み方

レビトラは水やぬるま湯で飲みましょう。また、食前に飲むのが望ましいです。軽い食事であれば食後でも構いません。脂肪が多い食事を摂ったあと、たくさん食べた後に飲むと効果が弱まるので注意しましょう。適量であれば、服用時にアルコールを飲んでいても問題はありません。

レビトラを飲むときは、グレーププフルーツを一緒に摂らないようにしましょう。グレープフルーツに含まれるフラノクマリン酸という成分が薬の吸収を高めることで、予期せぬ副作用を起こす可能性があります。

グレープフルーツの果汁が含まれたジュースや食べ物も避けましょう。

レビトラの入手方法(処方や通販)

レビトラは医薬品なので、手に入れるには、クリニックを受診して医師から処方箋を受け取る必要があります。

処方はED治療を行っているクリニック内科で受けることができます。

クリニックでは、医師の診察でEDの原因などを調べた上で、レビトラを処方してもらえます。そのため、安心して服用することができるでしょう。

クリニックを受診するほかにも、インターネット通販で購入することも可能です。

個人輸入という形で業者が海外から取り寄せたレビトラを、インターネット通販を通じて購入します。

個人輸入を利用するときは、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

レビトラの副作用

レビトラは有効性が国によって認められた薬です。サプリメントなどとは違い、高い確率でEDを解消します。

ただし、医薬品には副作用がつきものです。レビトラは比較的、副作用が起こりにくい治療薬といわれていますが、やはりゼロではありません。

レビトラを試してみたいと考えている人は、どのような副作用が起こりやすいのか事前に確認しておくとよいでしょう。

レビトラの服用で起こりやすい副作用として、顔のほてり頭痛目の充血鼻づまり動悸などが挙げられます。

顔のほてりや目の充血はレビトラの代表的な副作用で、服用した方の多くが経験しているようです。レビトラに含まれている有効成分、バルデナフィルが血管を広げることによって、このような副作用が起こると考えられています。

副作用と聞くと服用に対して不安を感じる方もいるかもしれませんが、ほとんどの人が症状が出ても軽度なものです。

もし、頭痛が起こった場合は痛み止めを一緒に飲むとよいでしょう。

これら症状の他に消化不良視覚過敏下痢といった副作用も報告されていますが、いずれにしても症状が現れてから4時間~6時間程度で消えていきます。

レビトラ服用時の注意点

レビトラは食事の影響を受けにくいED治療薬として有名です。ただし、より効果を得たいのであれば少し、食事との時間を空けて服用することをおすすめします。

バルデナフィルは服用してから約30分程度で、体に吸収される成分です。食事を摂った場合は、2時間~3時間空けて服用すれば問題ありません。

またレビトラには併用禁忌薬が存在しています。持病があり他の内服薬を服用している人は、必ず医師に相談しましょう。