未分類

女性用バイアグラの効果と副作用は?

ストレス社会と呼ばれる現代では、男性のEDだけでなく、女性の不感症も増えています。

1998年に男性向けにバイアグラが開発され、2015年にはようやくアメリカで女性用バイアグラが認可されました。

その後、多くの国々で女性用バイアグラが販売されています。代表的なものはシラーバイオテクノロジーズ社のウーメラウーメラのジェネリック医薬品であるアジャンタファーマ社のラブグラです。

女性用バイアグラの効果

女性用バイアグラは男性用バイアグラはどちらも血管を広げる作用があります。

男性がバイアグラを飲むと、血流が活発になることで陰茎内に血液が溜まりやすくなり、勃起できるようになります。

女性がウーメラやラブグラを飲むと、女性器全体の血行が促進され、膣分泌液が分泌されるようになります。平たくいえば濡れやすくなります。これにより、不感症による膣乾燥症性交痛の改善に効果を発揮するのです。

これまでオーガズムに達しにくかった女性でも女性用バイアグラを使うことで充実したナイトライフを遅れるでしょう。パートナーとの関係がより親密になったという事例が数多く報告されています。

ウーメラ・ラブグラの服用方法

ウーメラとラブグラは性交の1時間前に、水と一緒に飲みます。1日に飲んでいい量は1錠までです。また、追加で飲む場合は24時間の間隔を空ける必要があります。効果は服用から4時間~6時間にわたって続きます。

ウーメラとラブグラの用量はどちらも1錠あたり100mgです。一方、日本人のシルデナフィルの適量は最大50mgとされています。副作用が心配な人はピルカッターなどで半分に割って飲むとよいでしょう。

なお、シルデナフィルは腸から吸収されます。そのため、食後に飲むと薬が吸収されにくくなり、効果に影響が出る恐れがあります。そのため、できるだけ空腹時に飲みましょう。食後2時間~3時間であれば問題ありません。

女性用バイアグラの副作用

シルデナフィルの血管を広げる作用によって、体のほてり鼻づまりに加えて、頭痛息切れ動悸胃もたれなどの症状が起こる場合があります。これらの症状は軽度で、時間の経過とともに解消されます。

副作用が強く出る場合は錠剤をカットし、摂取量を減らすとよいでしょう。

高血圧心臓病脳梗塞などの持病を持っていたり、何らかの薬を服用していたりする人は重い副作用が起こる危険があるため、女性用バイアグラを飲んではいけません。これらの条件にあてはまる人は医師に相談しましょう。

女性用バイアグラの購入方法は?

ウーメラやラブグラといった女性用バイアグラは日本では未承認の薬のため、国内では処方、販売されていません。医療機関で処方を受けることはできませんし、薬局でも購入することはできません。

女性用バイアグラを入手するには個人輸入代行サイトを利用することになります。

個人輸入代行サイトでは、ラブグラのみ販売されています。ラブグラは1シート(4錠入り)2,000円1錠あたりおよそ500円が相場です。

また、個人輸入代行サイトでは商品をまとめ買いすると価格が割引されます。初回は少量注文して、問題がなければ2回目以降からまとめ買いするとよいでしょう。

女性用バイアグラを取り扱う個人輸入代行サイトは数多くあります。輸入の手続きは業者が行ってくれるので、普通の通販サイトのように注文可能です。

個人間で薬を取り寄せる行為は、取り寄せた本人が使う場合に限り薬事法で認められています。そのため、転売目的で輸入することは禁止されています。男性名義で女性用バイアグラを購入すると、転売目的にとられる可能性があるため、女性本人の名義で注文しましょう。

個人輸入で販売されている薬の中から偽薬が見つかる事例が相次いでいます。そのため、信頼できるサイトを選ぶことが重要です。

個人輸入代行サイトを選ぶときは、営業年数が長いサイトや所在地がはっきりしているサイトを選びましょう。

日本語が不自然なサイトや長い間更新がされていないサイトは避けたほうが無難です。

銀行振込だけでなくクレジットカードが利用できるサイトは、カード会社の審査を通っているため信用度は高いと言えます。