未分類

持続時間に定評のあるシアリス・その効果と副作用は?

「バイアグラは効き目はいいけどもっと楽しみたい?それならシアリスがおすすめです!」

シアリスは副作用も出にくく、ED治療薬の中で最も持続性がある薬です。しかし、その反面注意すべきこともあります。

でも、この記事を読めば大丈夫。この記事でわかることは、以下の5つ。

できるだけ長くセックスを楽しみたい。1日中ゆっくりと時間をかけて楽しみたい人におすすめです。

シアリスの効果

シアリスに含まれる有効成分タダラフィルによってEDを改善することが可能です。

タダラフィルは5-ホスホジエステラーゼという酵素の働きを抑制する成分です。EDになってしまう原因の1つに、陰茎部分の血流が悪いことが挙げられます。

5-ホスホジエステラーゼの働きが強いと、血管を広げるcGMPという物質が減少し、陰茎部分の血流が悪くなります。

その結果、勃起しにくくなるのです。

シアリスに含まれるタダラフィルは、5-ホスホジエステラーゼの働きを阻害することによって陰茎部分の血流を改善します。その結果、勃起しやすくなるのです。

シアリスは、持続効果が最も長いED治療薬。最大36時間効果が持続する。

10mgであれば24時間から30時間、20mgで30時間から36時間も効果が持続します。この持続効果の長さから海外ではシアリスは「ウィークエンドピル」といわれます。

あくまで「正常に勃起できるようになる薬」

シアリスはあくまでEDの症状を改善し、正常な勃起ができるようになる薬です。精力を高める効果はありません。他のED薬にも言えることですが、シアリスは特にその傾向が強いです。

シアリスを服用すれば最大で36時間、正常な勃起ができますが、1回射精すれば勃起はおさまります。しばらくすればまた勃起できるようになりますが、効果が続いている間に何回できるかはその人の体力によります。

「シアリスを飲めば精力がみなぎって何回もできるようになる」というわけではないので注意しましょう。

シアリスは、他のED治療薬に比べて、食事の影響を受けにくいのも特長です。油を多く使っているような重い食事でなければ、食後に服用しても十分に効果を発揮します。メーカーの発表では800カロリー程度の食事であれば、食後に服用しても問題は無いようです。

シアリスはゆっくりと体に作用する薬で、服用から約3時間で効果がでます。

性交を行う3時間前に服用することをおすすめします。

1回に飲む量は1錠です。次に服用したい場合は、効果が切れると考えられる30時間から36時間経ってからにしましょう。

シアリスの入手方法

シアリスは内科やED治療専門のクリニックで処方してもらえます。また、個人輸入代行を行っている通販サイトでも購入可能です。

通販サイトを利用する場合は、信頼性の高いサイトを選ぶようにしましょう。

シアリスにはジェネリック医薬品があり、特にタダラフィルはジェネリックの中でも人気が高い治療薬です。シアリスよりも安く、効果も同等のものなので、費用を抑えたい人は通販サイトで検索してみましょう。

シアリスの副作用

シアリスは持続時間の長さで人気のED治療薬ですが、医薬品ということもあり副作用にも注意しなければいけません。シアリスの副作用は以下の通りです。

  • 頭痛
  • ほてり
  • 消化不良
  • 鼻詰まり
  • 筋肉痛

シアリスの場合、有効成分の効果が緩やかに働くので、ED治療薬よりは副作用が起こる頻度は低いです。しかし、それでも何らかの副作用は生じる可能性があるので、どんな副作用が生じるかは予め知っておいた方が良いでしょう。

起こりやすい副作用としては、頭痛やほてり、消化不良といった症状が挙げられます。他には鼻づまりや背中の痛み、筋肉痛を感じる人もいるようです。

また、起こる頻度はごくまれですが、目の痛みや結膜炎、色の識別がしにくくなる視覚異常を訴えるケースもあります。

このような副作用が報告されているシアリスですが、健康状態によってはより重篤な症状が出る恐れがあるので注意が必要です。

心血管系の病気を罹患している人はシアリスの服用はNGです!

心血管系の病気を罹患している人は、心筋梗塞など突然死を引き起こすリスクがあるため服用が禁止されています。

肝機能障害や腎不全といった持病を持っている場合も、不整脈や低血圧、高血圧といった重篤な副作用を起こすリスクが高まります。

シアリス服用時の注意点

シアリスを服用するにあたって、注意したいポイントがいくつかあります。

食事の影響を受けにくいシアリスですが、グレープフルーツと一緒に摂るのは避けましょう。グレープフルーツに含まれるフラノクマリンという成分によって、シアリスの有効成分が必要以上に作用し、副作用のリスクが高まるからです。

グレープフルーツだけでなく柑橘系にもこの成分は入っています。基本的に柑橘系の食べ物・飲み物は控えましょう。

またシアリスには一緒に飲んではいけない薬が存在しているので、持病で薬を飲んでいる人は、医師に併用しても良いかどうか相談しましょう。

医薬品なので用法・用量を守って服用するのが基本です。効果を高めようと規定の量より多く服用したり、時間を空けずに何回も服用したりするのは避けましょう。薬が効きすぎて強い副作用が起こりやすくなります。