未分類

EDの男性は早漏にもなりやすい?その関係性は

男性特有の悩みであるED早漏、そして遅漏。実は共通した原因があります。また、早漏がEDを引き起こすこともあります。

この記事では、EDと早漏の関係、改善方法、遅漏のデメリットについて解説します。

早漏がEDの引き金になる可能性

早漏とは、性交時に自分の意思で射精をコントロールできないことを指します。

ED(勃起不全)は男性機能障害の一種で、十分な硬さに勃起できないために、満足な性行為を続けることができない病気です。

早漏とEDはどちらも心理的な問題が引き金になって起こります。

EDは様々な原因で起こります。そのひとつが、ストレス不安といった精神的な負担です。

また、早漏もストレスや性に関わるトラウマ性的神経衰弱などが原因で起こります。

勃起するためには副交感神経が優位に働いている必要があります。しかし、強いストレスや不安を抱えていると、交感神経が活発に働き、勃起を阻害してしまうのです。

また、早漏がEDの原因となる可能性があります。

早漏だとすぐにイッてしまい、人によっては「彼女を満足させらなかった」「男として情けない」と自己嫌悪を感じるでしょう。また、実際に女性に早漏であることを責められたり笑われたりして、自尊心が傷つくこともあるかもしれません。

このような自己嫌悪や屈辱感が精神的な負担となり、EDを引き起こす可能性もあるのです。

つまり、早漏を改善することで、EDを予防、改善できる可能性があります。

EDと早漏を改善するには

精神的な問題でEDや早漏を起こしている人は、その原因を取り除くのが根本的な解決に繋がります。

疲労やストレスが溜まっていると思ったら、しっかりと睡眠、休息する時間をとりましょう。また、性交時に緊張しすぎてしまう人は、前戯や愛撫パートナーとのコミュニケーションを積極的にとりましょう。

性に関してトラウマや強いコンプレックスがある人は、男性向けのクリニックでカウンセリングを受けることをおすすめします。

EDと早漏には治療薬がある

EDと早漏にはそれぞれ治療薬があります。

ED治療薬はバイアグアラが有名です。血流を活発にすることで、正常な勃起を促します。バイアグアラの他にも、即効性の高いレビトラや、持続時間の長いシアリスといった薬もあります。

ED治療薬はED治療専門のクリニック内科泌尿器科で処方されます。

早漏の治療薬として、プリリジーがあります。プリリジーは脳の過度な緊張や興奮を抑えることで、射精をコントロールしやすくする薬です。

これらの薬は臨床試験で高い有効性が証明されています。一方、ED治療薬は保険適用外です。また、プリリジーは国内未承認の薬で、保険適用外のうえ、取り扱っている病院は限られています。

個人輸入代行を行っている通販サイトを利用すれば、これらの薬を病院よりも安く購入することが可能です。ただし、個人輸入で流通しているバイアグアラからは、たびたび偽造品が見つかっています。また、医師の診察を受けず自己判断で使うことになるため、安全性は下がります。

早漏と遅漏ならどっちがいい?

早漏とは逆に、なかなか射精できない遅漏という症状もあります。

どちらも自分で射精をコントロールできないため、性交のうえでデメリットが生じます。

早漏のデメリットは、すぐに射精してしまうため、パートナーが満足できないまま終わってしまう可能性があることです。場合によってはパートナーが機嫌を損ねたり、不満を感じたりして二人の関係に影響を及ぼす可能性もあります。

早漏で悩んでいる人は、遅漏を羨ましいと感じるかもしれません。しかし、遅漏には遅漏のデメリットがあります。

遅漏のデメリットは、性交中に射精できない、または射精に時間がかかりすぎることです。女性が先に疲れたり、挿入を長時間続けることで女性器を傷つけたりする可能性があります。

早漏と遅漏はどちらも性交に支障をきたす恐れがあります。早漏は治療薬があるため、遅漏に比べれば治療は簡単です。しかし、遅漏には確実性のある治療法がないため、治療はより困難になります。

早漏や遅漏で困っている人は病院で適切な処置を受けましょう。

早漏も遅漏も、不安や緊張、トラウマといった精神的な要素が原因となります。パートナーときちんと話し合って、理解を得ることも大切です。挿入することにこだわらず、パートナーとのふれあいを楽しみましょう。気負いや自己嫌悪を解消できれば、症状が改善する可能性もあります。