未分類

ED治療薬で新しいステンドラの効果と副作用は?

「最近聞くステンドラってなに?何かのジェネリック?」

いいえ、ステンドラはジェネリック医薬品ではなく、新しい第4のED治療薬として注目を集めています。

新しい薬は怖い、と思う人もこの記事を読めば安心です。この記事でわかることは、以下の4つ。

ステンドラに関する正しい知識を身に着けて、購入しましょう。

ステンドラってどんな薬?

ステンドラは、アメリカ・カリフォルニア州の製薬会社・Vivusが製造販売しているED治療薬です。

ステンドラの有効成分となっているアバナフィルは、元々日本の医薬品メーカーが開発していた日本製の成分です。その権利がアメリカの医薬品メーカーへ譲渡されたのち、ステンドラは海外での認可を受け、ED治療薬として処方されることとなりました。

ちなみに、アバナフィルは、もともと田辺三菱製薬株式会社によって研究・開発されていました。

アメリカFDAに認可を受けて海外で処方されるようになったのは、2012年のことです。

ステンドラの効果は、他のED治療薬と同じくPDE-5の阻害で、勃起をサポートする役割を担っています。ステンドラは、バイアグラ・シアリス・レビトラに次いで、第4世代のED治療薬と言われているのです。

ステンドラは副作用が起こりにくい

2012年に発売されたばかりで、ステンドラはED治療薬として歴史の浅いです。しかし、国内で処方されているED治療薬よりも副作用が起こりにくいことがわかっています。

日本のクリニックで現在、処方されているED治療薬は、主に三つ。バイアグラ・レビトラ・シアリスが基本です。これらのED治療薬は、臨床試験で有効性が実証されていますが、頭痛やめまいといった軽度の副作用が起こることが多いとされています。

【副作用出にくいED治療薬ランキング】

  1. ステンドラ
  2. シアリス
  3. レビトラ
  4. バイアグラ

    ステンドラに使われているアバナフィルはもともと、副作用の少ないED治療薬を作るために開発が進められていました。そのため、今までのED治療薬と比べて、副作用の頻度が低いのが特長です。

    例えば、バイアグラ25mgとバイアグラ50mgを使った臨床試験では、患者のおよそ40%に副作用があらわれました。ED治療薬の中でも副作用が起こりにくいとされているシアリスでも、症状が出る頻度は約30%です。

    一方、ステンドラ50mgの副作用の頻度は約14%です。今までのED治療薬と比べると大幅に低くなっています。

    しかし、低いとはいえ、症状が起こる可能性はあります。

    他のED治療薬と同様、顔や目の充血、頭痛といった症状が挙げられます。しかし、それらの副作用は、他のED治療薬より圧倒的に軽度と言われています。

    バイアグラやシアリスで副作用がつらいという人は、ステンドラを試してみると良いでしょう。

    ステンドラの服用方法

    ステンドラは、性行為の1時間から30分前に1錠、水と一緒に飲みましょう。

    1度服用すると効果は約6時間にわたって続きます。ステンドラは、副作用が少ないだけでなく、即効性にも秀でているのです。ステンドラの効果は、服用から15分~30分程度で出始めるので、即効性に関してはレビトラ級。

    副作用も出にくいので、シアリスとレビトラの利点を重ね合わせたような、先進的なED治療薬と言えるでしょう。

    ステンドラの購入方法は通販

    ステンドラは、国内で取り扱いがありません。

    というのも、日本は医薬品の認可が慎重で、新しい医薬品を認可するまでには長い時間がかかります。2012年に海外では処方されるようになったステンドラも、今現在国内では未承認です。そのため、ドラッグストアAmazon楽天などの通販サイトの他、病院ですらステンドラを入手することはできません

    ステンドラは通販で購入可能です。

    ステンドラは個人輸入で入手可能

    国内ではステンドラが処方、販売されていません。そのため、海外から輸入する必要があります。医薬品は、個人が使う場合に限り輸入が可能です。

    海外のサイトやドラッグストアからを使って購入できます。しかし、外国語のサイトを利用することになり、輸入に必要な手続きを自分でこなさなければならないので、敷居は高くなります。

    そこで、個人輸入代行サイトです!

    より手軽に手に入れたいなら、個人輸入代行を行っている通販サイトを利用するのがおすすめです。個人輸入代行は文字通り、個人輸入に必要な手続きを代わりに行ってくれるサービスのことです。個人輸入代行サイトを使えば、面倒な手続きなしでステンドラを海外から取り寄せることができます

    個人輸入代行サイトの使い方は、一般的な通販サイトと変わりません。

    カートに商品を入れて、住所など必要事項を記入し支払方法を選ぶだけで注文完了です。

    個人輸入で流通している薬の中には偽物が紛れていることもあります。また、悪質なサイトも存在するので、信頼性の高いサイトを選ぶことが重要です。信頼性の高いサイトとして、あんしん通販マートアイドラッグストアーオオサカ堂などがあげられます。

    ステンドラの代わりになるED治療薬

    ステンドラは、人気の商品で、在庫がない場合が多いです。時期によっては、ほとんどのサイトで入荷待ちになっているケースがあります。その場合は、他のED治療薬で代替しましょう。

    代わりとなり得るED治療薬は以下の通りです。

    • カマグラ
    • バリフ
    • メガリス

    それぞれ見ていきましょう。

    カマグラ

    カマグラは、バイアグラのジェネリック医薬品です。バイアグラと同じ効果を持ちながら、圧倒的な価格の安さに定評があります。

    カマグラは、インドのAjanta Pharma(アジャンタファーマ)社によって製造・販売されているインド・ジェネリックです。インド・ジェネリックは、他社よりも圧倒的に安いことで、世界的に愛用されています。

    Ajanta Pharma(アジャンタファーマ)社:

    インド国内では最大級の製薬会社で、5つの最先端工場を持っており、世界25ヵ国以上で製造した医薬品を販売。カマグラのほか、皮膚病、感染症、眼科疾患、心臓疾患などに関わる薬剤も製造・販売している。

    カマグラは、ステンドラと同じくPDE-5を阻害する効果を持ち、勃起をサポートします。

    価格が1錠あたり145円と圧倒的に安いのが特徴ですが、ステンドラよりは副作用が出やすいです。価格を優先したいのであれば、カマグラで代用しましょう。

    バリフ

    バリフは、レビトラのジェネリック医薬品です。バリフもカマグラと同じくAjanta Pharma(アジャンタファーマ)社によって製造されており、安さには定評があります。

    バリフもステンドラと同じく、勃起をサポートする効果を持っており、即効性などから最もステンドラと近い薬と言えるでしょう。バリフはカマグラよりは副作用が出にくいですが、それでもステンドラよりは副作用が出ます。ステンドラと同じ効果を得たいのであれば、バリフをおすすめします。

    メガリス

    メガリスは、シアリスのジェネリック医薬品です。シアリスと同じく、効果の持続性に定評があります。

    メガリスは、インドのMacleods(マクレオーズ)社によって製造・販売されているインド・ジェネリックです。

    Macleods(マクレオーズ)社はインド・ムンバイの本社がある製薬会社です。東南アジア、アジア太平洋、アフリカ、北米、EUS諸国で展開され、アメリカのFDAからも承認を得ている企業。メガリスの他には、結核治療薬や抗マラリア薬、抗HIV薬で実績がある。

    メガリスも、ステンドラと同じく、勃起をサポートする効果があります。しかし、効果発現までは時間がかかるので、2時間から3時間前には服用する必要があります。ただ、その代わり効果の持続時間が36時間と長く、ウィークエンドピルと呼ばれています。長時間楽しみたい人向けの薬です。

    ステンドラの在庫がなかった場合は、上記の薬を試してみましょう。