未分類

ED治療薬で新しいステンドラの効果と副作用は?

ステンドラは第4のED治療薬として注目を集めています。

このED治療薬の有効成分となっているアバナフィルは、元々日本の医薬品メーカーが開発していたものです。

その権利がアメリカの医薬品メーカーへ譲渡されたのち、ステンドラは海外での認可を受け、ED治療薬として処方されることとなりました。

認可を受けて海外で処方されるようになったのは、2012年のことです。

ステンドラは副作用が起こりにくい

ED治療薬として歴史の浅いステンドラですが、国内で処方されているED治療薬よりも副作用が起こりにくいといわれています。

日本のクリニックで現在、処方されているED治療薬としてはバイアグラ・レビトラ・シアリスが基本です。これらの薬は臨床試験で有効性が実証されていますが、頭痛めまいといった軽度の副作用が起こることがあります。

ステンドラに使われているアバナフィルは元々、副作用の少ないED治療薬を作るために開発が進められていました。そのため、今までのED治療薬と比べて、副作用の頻度が低いのが特長です。

例えば、バイアグラ25mgバイアグラ50mgを使った臨床試験では、患者のおよそ40%に副作用があらわれました。

ED治療薬の中でも副作用が起こりにくいとされているシアリスでも、症状が出る頻度は約30%です。

一方、ステンドラ50mgの副作用の頻度は約14%です。今までのED治療薬と比べると大幅に低くなっています。

ただ、低いとはいえ、症状が起こる可能性はあります。他のED治療薬と同様、顔や目の充血、頭痛といった症状が挙げられます。

ステンドラの服用方法

ステンドラの有効成分アバナフィルはPDE-5という酵素を阻害し、勃起をサポートする薬です。

1度服用すると効果は約6時間にわたって続きます。また、即効性にも秀でており、服用から15分~30分程度で効果が効き始めます。効き目が出るのが早く、国内のED治療薬の中ではレビトラに近いといえるでしょう。

服用のタイミングは性行為の1時間から30分前です。水と一緒に飲みましょう。

ステンドラの購入方法は?

2012年に海外で認可されたステンドラは、最新のED治療薬です。今までの薬と比べて副作用が起こりにくいという特長があります。

頭痛やめまい、鼻づまりといった副作用が辛い副作用が気になって性交に集中できないという人にぴったりな商品です。

ただし、ここで注意したいのが、ステンドラは国内で取り扱いがないという点です。

日本は医薬品の認可が慎重で、新しい医薬品を認可するまでには長い時間がかかります。2012年に海外では処方されるようになったステンドラも、今現在国内では未認可です。そのため、病院ドラッグストアAmazon楽天などの通販サイトでステンドラを入手することはできません。

ステンドラは個人輸入で入手可能

国内ではステンドラが処方、販売されていません。そのため、海外から輸入する必要があります。医薬品は、個人が使う場合に限り輸入が可能です。

海外のサイトやドラッグストアからを使って購入できます。しかし、外国語のサイトを利用することになり、輸入に必要な手続きを自分でこなさなければならないので、敷居は高くなります。

より手軽に手に入れたいなら、個人輸入代行を行っている通販サイトを利用するのがおすすめです。

個人輸入代行は文字通り、個人輸入に必要な手続きを代わりに行ってくれるサービスのことです。個人輸入代行サイトを使えば、面倒な手続きなしでステンドラを海外から取り寄せることができます。

個人輸入代行サイトの使い方は、一般的な通販サイトと変わりません。

カートに商品を入れて、住所など必要事項を記入し支払方法を選ぶだけで注文完了です。

個人輸入で流通している薬の中には偽物が紛れていることもあります。また、悪質なサイトも存在するので、信頼性の高いサイトを選ぶことが重要です。

信頼性の高いサイトとして、あんしん通販マートアイドラッグストアーオオサカ堂などがあげられます。